リンパマッサージ・タイ古式マッサージなどマッサージ、整体などの情報ブログです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鍼は痛そう・・・お灸は熱そう・・・と敬遠していませんか?
鍼灸は、疲れた体を修復してくれるリラックスセラピーです。
鍼灸は東洋医学の代表的な物理療法です。

東洋医学では、人の体の働きは目に見えない生命の基本エネルギー
である「気」と、それを作り出す体液や血液である「血」のバランスで
維持されている。
お互いがスムーズに循環していれば健康、循環が悪くなった状態が
「病気」と考えます。

私たちの体には、約1000ものツボがあります。
その要所にあるのが経穴、ツボです。病気になるとこうしたツボに気血の循環異常があらわれ、そこに鍼や灸で刺激をあたえ、
改善していきます。

鍼にはいろいろな種類がありますが、現在、日本でよく使われているのが直径0.2mm、長さ4~5cmの比較的細い鍼です。
これを経穴に1~2mm刺しいれます。

灸は、皮膚に直接モグサを置き、燃えつきた瞬間に取る方法です。一般的なのは、もんで細長くしたモグサを米粒の半分にまとめて特定の経穴を選んで据える透熱灸です。

東洋医学は、「心と体はひとつ」と言う考え方に基づき、古くから全身状態を改善させる治療をしてきました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://massagecom.blog68.fc2.com/tb.php/5-a6f03f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。