リンパマッサージ・タイ古式マッサージなどマッサージ、整体などの情報ブログです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<体脂肪とは?>


体脂肪とは、体の中に蓄積される脂肪の事です。
体内の脂肪組織の総称で、皮下についてしまう皮下脂肪と、内臓の周囲につく内臓脂肪があります。

体脂肪の計り方


自分で簡単に測定するには市販の体脂肪計が便利です。

体に軽い電流を流して体内水分量により体脂肪率を計るもので、測定する時間帯は夜の入浴後しばらくたってがいいです。


体の中の脂肪は、ほとんど電気を通しません。一方、筋肉や血液などは、電気を通す水分やたんぱく質を含んでいます。

そこで、体に影響のない、わずかな電流を流して、脂肪が電気を通さないために起こる、電気抵抗の強さを測り、体脂肪率を計算するのが体脂肪計です。体脂肪が多いと当然電気抵抗は大きくなるので、かくれ肥満も発見できます。

体脂肪の減らし方
<食事>
食事の量を極端に減らすと、体は入ってきた栄養をできるだけ蓄えようとするので、体脂肪は逆に増えてしまいます。


食事の間隔が開き過ぎるのも同じことで、量を減らすことよりも、1日3食、決まった時間に少しでも食べることが大切です。

その中でもビタミンやミネラル、たんぱく質は、体調を整えて体脂肪を燃やすためにも必要な栄養素なので、十分に摂るようにしたほうが良いでしょう。

<運動>
体脂肪を燃やすためには、酸素を体に取り込みながら行う有酸素運動が良いでしょう。

水泳、ウォーキング、エアロビクスが良いでしょう。

有酸素運動は、ある程度まとまった時間続けて行うことが重要です。

また、筋肉は体脂肪を燃やす最大の組織で、筋肉をつけることで基礎代謝を高め、運動をしなくても食べたものを消費しやすくなります。筋肉を作る事を目指すことも大切です。


成人女性の正常体脂肪は20~25% 、肥満は30%以上 です。

成人男性 の正常体脂肪は15~20% 、肥満は25%以上 です。


食べたものによる体脂肪のつきかたの違いは?

高カロリーのものを食べると、当然脂肪がたまりやすい。肉類、糖類、油をつかった料理などはとくに高カロリーです。同じ肉類でも赤身の部分は比較的低カロリーと質によっても違ってくる。

魚、野菜などは低カロリー。また、魚類に含まれる脂肪は善玉(HDL)コレステロールを多く含んでいる。この善玉(HDL)コレステロールが血液中に増えると、中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールのたまり過ぎがまねく動脈硬化を防いでくれる。

野菜に含まれるビタミンやミネラルは、体調を整えて体脂肪を燃やすためにも必要な栄養素です。


体重を減らすだけではどうしていけないのか?

いくら体重が減っても、筋肉が同時にたくさん減ってしまうと意味が無い。体脂肪率は体重に占める脂肪の割合なので、いくらスリムになっても身体の中の脂肪の割合が減らないと、健康的とはいえない。

内臓の周りにつく内臓脂肪は、内臓そのものへの負担が大きいだけでなく、血液の中に溶け出しやすいために、さまざまな生活習慣病の原因になりやすい。




タニタ 体脂肪計 「BF-046」
商品番号 4904785809352
価格 3,980円 (税込) 送料別
【個数限定販売】 残り7個




体脂肪計クロック スマート

商品番号 bdf009
メーカー希望小売価格 2,625円 (税込)
価格 2,230円 (税込) 送料別











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://massagecom.blog68.fc2.com/tb.php/44-e76a6a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。