リンパマッサージ・タイ古式マッサージなどマッサージ、整体などの情報ブログです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<低インシュリンダイエット>

ぜい肉の元である脂肪細胞、この脂肪細胞が肥大化する原因となっているのが、すい臓から分泌される
インシュリンというホルモンです。

このインシュリンの過剰分泌は、血糖値の急上昇が原因といわれています。逆に、血糖値がゆるやかになれば、インシュリンの過剰分泌も抑えられて、血糖が血液や肝臓、筋肉に分け与えられてぜい肉となることはありません。

低インシュリンダイエットとは、血糖値を、食品によってコントロールするダイエットです。

GI(ジーアイ)値=血糖値の上昇率。低いほど血糖値がゆるやかに上がる。


GI値/ブドウ糖を100とした場合の血糖上昇率

インシュリン=肥満を促すホルモン


炭水化物を減らすなどカロリー量を極度に減らすことは厳禁です。主食は摂らないと、筋肉まで減って基礎代謝が低下してしまいます。食事のカロリーはあまり気にしなくて良いともいえますが、食べすぎや糖分の取りすぎは×です。

簡単に低インシュリンダイエットを行うには、食べていい食品と避けたほうがいい食品を主食をメインに、GI値(グリセミック・インデックス値)でおおまかに分けて、それを意識しながら食事を取るようにします。


食べていい食品

炭水化物 日本そば、玄米、ライ麦パン、スパゲティ(全粒粉)、中華そば、シリアル
野菜 きのこ類、海藻類、トマト、ブロッコリー、大豆、ほうれん草、さやいんげん、アスパラ、
キャベツ、セロリ、きゅうり、大根、かぶ、ピーマン、カリフラワー、
その他 牛乳、プレーンヨーグルト、ピーナッツ、オレンジ、グレープフルーツ、いちご、パパイヤ、肉・魚全般



控えたほうがいい食品


ごはん、フランスパン、うどん

食べないほうがいい食品


じゃがいも、にんじん、アイスクリーム、とうもろこし、かぼちゃ、ベーグル、食パン、コーンフレーク


低インシュリンダイエットを協力にサポートダイエットコーヒースリム 微甘タイプに加えてブラ...

低インシュリンダイエットを強力にサポート
ダイエットコーヒースリム




























スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://massagecom.blog68.fc2.com/tb.php/35-93184822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。