リンパマッサージ・タイ古式マッサージなどマッサージ、整体などの情報ブログです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<腹式呼吸とは?>

自分の意識で呼吸するのが腹式呼吸です。反対に無意識にしているのが胸式呼吸です。

腹式呼吸と胸式呼吸との違いは、筋肉の使う場所が違うということです。

腹式呼吸は、横隔膜を主に使うのですが、胸式呼吸の場合、肋間筋を主に使います。
その腹式呼吸を意識的に使うことによって、より多くの酸素を身体の中に
取り込むことができるのです。

<腹式呼吸ダイエットとは?>



流行になっている腹式呼吸ダイエット
その魅力は、意識的に、腹式呼吸をするだけという簡単なものです。

従来のダイエットのように、食事制限や過度な運動など、
ダイエットによるストレスがたまることがないのです。腹式呼吸とは、横隔膜を動かし内臓の
血行をよくし、大胸筋を鍛えることで、代謝が高まります。

それを意識的にやり続けることで痩せられると言うことです。
腹式呼吸の方法は、まず息を吐ききった状態から、お腹を膨らませるように、
鼻から息を吸い込みます。
そして再び、お腹がへこんだ状態まで、息を口から吐き続けるだけです。

これを朝晩 10 回程行うとよいとのことです。横隔膜を動かすことで、内臓全体が刺激され、
胃や肝臓の働きがよくなることで、消化機能が改善されていきます。


腹式呼吸では、空気を深く吸って長く吐きますが、この空気の出し入れにより、横隔膜と腹筋が同時に動きます。

この動きに伴って消費される
エネルギーは基礎代謝に含まれ、そのため呼吸法によるエネルギー消費が
増えれば、基礎代謝がよくなり、太りにくい体質に変わるのです。


 それらの筋肉が鍛えられると、お腹にたまった内臓脂肪の燃焼に役立ちます。また、肺活量が増えることにより、ダイエット効果を得ることができます。



注意する点


息は止めない

目は閉じない

一気に強く吐き出さない

ゆったりした気持ちをもつ


血行不良の最大原因は自律神経のアンバランス


 血行を促進するために、血管を広がるようにしなければなりません。

 人体の中で、血管の収縮及び拡張のコントロール役を担うのは、自律神経です。
交感神経の働きにより血管が収縮し、副交感神経の働きにより血管が拡張します。

しかし、われわれ現代人には、ストレスが溜まる原因が多く、 自律神経のバランスが崩れてしまい、副交感神経の働きが弱くなり、
血管を広げる力は弱くなってしまうのが現状です。
そのため、マッサージ等 の外力による血行を促進する策を頼ってしまいます。

自律神経のバランスを調整

 人間が自分自身の力で自律神経のバランスを整える方法として広く 紹介されているのは腹式呼吸です。

腹式呼吸をすることによって副交感神経系が働き、血管が拡張されるだけではなく、胃腸の動きも活発となり、精神的な不安や興奮も 抑えられます。











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://massagecom.blog68.fc2.com/tb.php/34-d7e7c199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。