リンパマッサージ・タイ古式マッサージなどマッサージ、整体などの情報ブログです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<リンパマッサージ>

リンパ液の流れが悪くなると、むくみ、痛み、コリ、疲労、体調不良、免疫力の低下となって現れます。
リンパマッサージをすることにより、体にたまった余分な水分や老廃物を排出し、むくみをとったり、血行促進し、免疫機能を改善していきます。

リンパマッサージはリンパ液の流れを良くし、流れをスムーズにすることが目的です。
リンパの流れに沿って、体の外側から心臓近くの中心に向かってマッサージをしていきます。
クリームやジェルがあると、指の通りもよくなります。

<リンパ浮腫とは>
むくみには、全身性と局所性があります。全身性の中には、心臓性、腎臓性、肝臓性など、局所性には静脈性やリンパ性などがあります。

先天性のものやがんの治療の後遺症となって
あらわれることもあります。手術の際、リンパ節を切ったりすることが原因とも言われています。
治療後すぐにあらわれたり、10年20年と経ってからあらわれる人もいます。
治療法は、ストッキングの着用する治療が主です。その場合はストレッチをしてこりを軽減しますが、マッサージも期待されています。浮腫は痛みを伴わず、徐々に進行していきます。



<リンパマッサージセラピストとは?>



日本リンパマッサージ研究会では、リンパマッサージセラピストの認定を行なっています。
リンパマッサージセラピストの指導を受け、試験に合格すると、認定証が発行されます。
また、リンパマッサージ研究会主催の認定セミナーを受けることでも、試験を受けることができます。

<リンパとは?>
白い血液と呼ばれる体液のことです。
心臓のポンプ作用によって流れる血液に比べて滞りやすく、
放置しておくと疲れやむくみが起こりやすくなります。


全身に600箇所あるといわれています。
リンパ節は、リンパ管が集まっているジョイント部分なので、
ここの流れをよくすることが大切です。
リンパ節は、最も重要な鎖骨リンパ節の他に、腋下、わきの下、
ひざの後ろ、脚のつけ根などにもあります。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リンパマッサージ研究会のセラピスト認定のご紹介をいただきましてありがとうございます。

可能であれば、紹介文のところに、当サイトにリンクしていただけると、大変ありがたいのですが、いかがでしょうか?
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://massagecom.blog68.fc2.com/tb.php/24-6aa24891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。