リンパマッサージ・タイ古式マッサージなどマッサージ、整体などの情報ブログです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<推拿とは?>

推拿とは、漢方・鍼灸のような中国医学の3大治療法です。
手のひらから体に「気」を送り込み、体の奥深くに届き根本から健康に導きます。

推拿の「推」は押すこと、「拿」はつかむことをあらわします。簡単に言えば中国の「あん摩」ですが、日本の「あん摩」とは、かなり違います。
日本のあん摩は、体の表面をなでたり、もんだりする力学的な刺激で、
緊張した筋肉をほぐそうとします。

推拿は、施術者の手から「気」を送り込み表面だけでなく、体の奥深いところまで働きかけて、病気を治そうとします。


中国医学といえば、まず漢方や鍼灸を思い浮かべますが、最も古い歴史を誇るのが推拿です。その歴史は、3000年以上前になります。
3000年以上前といえば、日本では縄文時代です。

すでにこの時代に、「推拿」の初歩的な治療が始まっていたことが、遺跡の象形文字から
明らかになっています。

そして、春秋戦国時代になり、推拿は治療法と確立されました。中国最古の図書「黄帝内経
(こうていだいけい)」にも、多くの記述が残されています。

推拿は長い歴史の中で独自の発展を遂げて、漢方・鍼灸に並ぶ中医学の
3大治療法として、現代も引き継がれています。

現在も中国の病院には「推拿科」があり、推拿医師が約10000人います。整形外科の
範囲だけでなく、内科・婦人科・小児科などさまざまな病気を治しています。
抜歯の時には「推拿麻酔」も活用されています。



<推拿治療の基本>


推拿治療の基本的な考え方は、手に「気」を集中させそれを患者さんの
圧痛点やツボに注ぎ、「気」の乱れや不足を補います。
そして、自然治癒力を高めていくのです。

施術者の手の温かさはまるでカイロを当てられているようと、誰もが驚きます。
これは手から気が注ぎ込まれている証拠です。温かさがジワジワと体の奥まで浸透し、痛みやコリがほぐれていきます。

推拿の基本手技は8種類です。それらを基本に個々の手技は数え切れないほど豊富です。




<ワンポイント推拿>

目・・・親指と人差し指で両目の鼻側にある清明のツボを指圧します。
    つまむように徐々に力を入れていきます。ジワッと
    張ってきたら、そのまま一分間続けます。

腰・・・手のひらで腰の筋肉を尾てい骨の方に向かって、上から下に
    こすります。腰が熱く感じるまで続けます。
    たたくのもいいですし、フラフープをまわすように、
    腰を回すのもいいです。

 




スイナ式整体マッサージ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://massagecom.blog68.fc2.com/tb.php/15-78e436a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。