リンパマッサージ・タイ古式マッサージなどマッサージ、整体などの情報ブログです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ストレスが原因でイライラする時>

普段はそんなに短気ではないのに・・・何故かこのごろ怒りっぽい
些細な事でも気になる。と感じたら、これはストレスの症状かも・・・

イライラの解消には、ツボの指圧と漢方薬が良いといわれています。

<イライラを治す指圧のツボ>

中衝 (ちゅうしょう)

手の中指の、爪の生えぎわから2mm離れたところにあります。
親指の腹で押してください。

足の窮陰 (きゅういん)

足の第4指の、爪の生えぎわの外側から2mm離れたところにあります。
親指と人差し指で挟み込むようにして押します。

<イライラしたときにする体操>


イライラしてくると自然に顔がきつくなります。特に目立つのは、目もと、眉、額です。
この部分の緊張を解いてあげます。

まず、目を閉じて楽な姿勢で5分間休んでから、目を開き、ゆっくりと
眉を上げます。顔全体に緊張感が生じてきたら、はじめはスッと力を
抜いて休みます。

2回目はゆっくり力を抜いて休みます。さらに眉を上げたあとゆっくり力を抜いてまた5分間休みます。

眉を上げたあとゆっくり力を抜くという方法を数回繰り返し、
10分間何もしないでリラックスします。


次に眉を寄せて顔をしかめます。眉間に緊張を感じたら力を抜いて
もう一回力をいれて今度は ゆっくり力を抜きます。
そしてまた5分間 リラックスします。
こうした表情の練習は、表情筋の緊張を解き 心の緊張感もやわらげてくれます。

<イライラのときの漢方処方>

加味逍遥散

普通の体力の人から、やや弱い人までに処方されます。
気分が落ち着かず、物事が気にかかって、疲れやすいときにお勧めです。

また、冷え性 虚弱体質 肝臓障害 生理不順 生理痛 
にも有効です。




「加味逍遙散」は、『太平恵民和剤局方』という漢方の著書に記載されている処方で、女性に広く用いられてきた漢方薬です。
更年期障害や月経困難、月経不順などによってイライラしたり、怒りっぽいなど、情緒が不安定になっている女性や、体質虚弱な女性、冷え症の女性などに用いられてきました。
『ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒』は、加味逍遙散をエキス化して、服用しやすい顆粒にしたものです。
スポンサーサイト


タイ古式マッサージとは?

タイ古式マッサージは、タイ語で「ヌアボーラン」と言います。これは、マッサージするという意味の「ヌアット」と古式、伝統的という意味の「ボーラン」が合わせられ、「ヌアット・ボーラン」となり、「ヌアボーラン」となりました。

起源は2500年前にさかのぼり、仏陀の主治医で、タイの「医学の父」と呼ばれるシヴァカ・クマールヴァッカが、創始者と言われています。

このマッサージは、数百年も前から病気の治療法として、臨床的に実践されてきました。そして、母から子へ、仏教僧の師から弟子へと、口頭で伝えられてきました。

人体に流れる「セン」と呼ばれる人体のエネルギーラインに刺激を与えることによって、自律神経のバランスをとり、体調を整えます。

中国や日本の按摩に近い手技から、アクロバット的な施術まで、幅が広く、被術者の身体状況にあわせて、必要な施術を行います。

大きく分けると、バンコクの「ワット・ポー」を中心とした、指圧、手掌圧迫などが中心の手技による南のエリアの手法。チェンマイの「ワット・スアンドーク」を中心とした北のエリアの、ストレッチによって「筋をひっぱる」手法の2つに分かれます。

 
【タイ古式マッサージの効能】

体の凝りや疲れを癒すのはもちろんですが、タイの衛生省の掲げるヌアボーランの効能は、
頭痛、糖尿病、風邪の予防など、60種類以上にもなり、病気の治療法としても、大学病院などで取り入れられています。


【器官系】

胃弱・慢性胃炎・便秘・下痢・食欲不振・体力増強・老化防止・
風邪の予防・高血圧・低血圧・貧血・血行障害・冷え性・
生理不順・不妊症・ぜんそく・アレルギー


【痛み・コリ】

筋肉痛・腰痛・肩コリ・眼精疲労・首や背中の痛みやコリ・
リウマチ・膝の痛み・足のつり・足の疲れ・
疲労による全身のだるさ


【美容】

肥満・腹部引き締め・ウエストラインを美しくする ・
足のムクミ・脚の線を美しくする・
肌の新陳代謝促進・シワの減少


【精神面】

不眠症・ヒステリー・興奮を静める・イライラの解放



中島史恵 タイ古式マッサージ中島史恵の毎日スッキリ!

中島史恵 タイ古式マッサージ

中島史恵タイ古式マッサージに挑戦し、
リラックスとコミュニケーションを伝授する映像作品。

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ



リンパマッサージとは

リンパ液の流れを助け、流れの滞ったリンパ液をサラサラと流してあげるマッサージ技術です。

現代社会は、運動不足、ストレスにより、冷え性、血行不良、免疫機能の低下をきたしています。リンパ液は、これらの改善に重要な役割を果たしているにも関わらず、生活習慣や環境の変化によって、現代に生きる私たちの体のリンパ液は流れ難くなっています。これを解決して体にあらわれる様々な不快な状態を解決して、健康な体つくりをしようというのが「リンパマッサージ」です。

また、リンパ液の流れが滞ると、さまざまなトラブル(むくみ、肥満、生理痛、慢性疲労)となって現われます。リンパマッサージは、からだの機能を整えて、不快な病状を解消するばかりでなく、余計な水分や老廃物を排出できるので、顔のラインメイク(小顔)やボディラインをスッキリ引き締める効果もあります。

リンパ液はわきの下やお腹、ひざの後ろ、脚の付け根などにあるリンパ節に向かって流れているので、そこに向かってリンパを流すつもりでさすったり押したりしながら、リンパ液の循環を促します。基本をマスターすれば、誰でも、自分でできるマッサージです。


【こんなときにはリンパマッサージは控えてください。】

・食後2時間以内と飲酒のあと
・病気、または体調が悪いとき
・過度の疲れがあるとき
・皮膚にケガや湿疹があるとき
・妊娠初期



<ストレスとマッサージ>

ストレスを取り除くという事は、言い方を変えると、
精神の緊張を解きほぐすという事です。
そのために、ひとつの方法として「マッサージ」があります。

マッサージは、体の外から刺激を与えて、筋肉のコリをほぐして
いき、血行を良くしていきます。

それと、ストレスが原因の肩こり 腰痛などの不快な症状の改善
することが出来ます。

<お腹と背中のマッサージ>

お腹や背中などの広い範囲のマッサージは手のひらを使います。
マッサージをする時は、手のひらをぴったりつけてそのまま、
揉みほぐすようにゆっくりと、手を移動させていきます。

腹部をマッサージするときは、両手を重ね合わせて、おへそを
中心に円を描くように手を動かします。

<手と足のマッサージ>

手足の中で、腕や足の甲など比較的広い場所のマッサージは手のひらを
使います。肌にぴったりつけるのは背中の時と同じです。

指や小さな場所をマッサージするときは、親指と人差し指を使います。
マッサージする場所をこの2本でつまみ揉み解します。

<たたくマッサージ>

マッサージの中にはたたく事によって刺激を与える方法もあります。
軽いげんこつを握ってたたく方法です。

手を軽く握り、手首をやわらかくしてたたきます。
もうひとつの方法は、手をひらいたままたたく方法です。このときも
手首をやわらかく、自然にマッサージしたい場所に当たるようにします。

ストレスを解消するためのマッサージには、過度の刺激を与えるのは
禁物です。
気持ちが良い程度で、リズミカルな刺激を与えるのがよいでしょう。



安心できる心療内科のかかり方・選び方




著者: 山岡昌之
出版社: 有楽出版社 /実業之日本社
サイズ: 単行本
ページ数: 149p
発行年月: 2003年05月



ストレス理解への新たな視点


Yuhisha hotーnonfiction





著者: 山下剛利
出版社: 悠飛社
サイズ: 単行本
ページ数: 191p
発行年月: 2006年08月



<ストレスに効くツボ>

ストレスを感じたときどうしますか?
 
・趣味に熱中する

・スポーツで汗を流す

・お酒を飲む

いろいろ試したが、気分転換にはならないと言う人も少なくないと
言われています。

指圧は東洋医学でいう「ツボ」を押す事によって
、さまざまな症状を解消させる方法です。

手のひらのつぼの探し方は?


大陵(だいりょう) 手首のしわの中央
          2本の健の間にあります。
          手首を曲げた時に膨らむところがツボの位置です

神門(しんもん)  手首のしわの上で、小指の健の内側にあります。


手心(しゅしん)  手のひらのちょうど真ん中です。
          点と言うよりはゾーンと思ってください。

労宮(ろうきゅう) 手のひらの中央です。中指の指の先にペンなど
          で印をつけ、手を握って印が付くところです。

少府(しょうふ)  労宮と同じ方法で、薬指の先に印をつけて、手を
          握り手のひらに印が付くところが少府です。

命門(めいもん)  小指の第二関節の中央にあります。

腎穴(じんけつ)  小指の第一関節の中央にあります。

心穴(しんけつ)  中指の第一関節の中央です。


 指先で軽く押して、感覚が鋭くなっているところがあれば、あなたの
 ツボです。



指と手の隠されたツボで美容と健康に効果的
Natural healthシリーズ




自然治癒力を高める基本指圧の絶大効果




著者: 村岡曜子
出版社: 文芸社
サイズ: 単行本
ページ数: 125p
発行年月: 2006年07月



        



<ウォーキングの姿勢>

背筋を伸ばして歩幅を普段歩くより広くする。
腕を大きく振り、腰をひねるようにして早足で歩きます。

かかとから着地し、つま先で地面をけり出すようにします。

1日15分くらいから始めて、慣れてきたら30分から1時間くらいに増やすのがいいでしょう。

脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しないといわれるので、できたら止まらないで歩きたいものですね。

これを週に2~3回してみてはどうでしょうか?

<ウォーキングの速さは???>


ウォーキングは少し息がはずむ程度がよいです。

「ハッ、ハッ」というくらいの呼吸で、リズミカルに歩いていきましょう。腕を大きく振り、腰をひねるようにすると歩幅も広くなります。

ウォーキングが習慣になればじっくりと脂肪を燃やし、やせやすくするだけでなく、心肺機能が高まり、運動能力が上がり、このようになったら理想的です。


そして歩く速度をさらに高め、キュッと引き締まっヒップも
つくってくれます。

<生活習慣病>

血圧が高くなる要因は、肥満・ストレス・塩分の取りすぎなどです。

ウォーキングならストレス・肥満の解消や、血圧を下げる効果もあります。

習慣的に行うことが大事です。

冬のウォーキングは、急激に血圧が上がる場合がありますので、ウォーミングアップを念入りに行うなど注意が必要です。

<脳とウォーキング>


ウォーキングは有酸素運動ですので、脳に新鮮な酸素を取り入れる事ができます。血液量も増加して、脳を活発にしてくれます。

昔の哲学者・科学者は散歩をしながら構想を練ったり、考えをまとめていたそうです。現代でも屋外での課外学習は雰囲気の違いもあり
効果があるといわれます。

また、脳のドキュメント番組でも、世界記憶選手権に出ているような記憶の達人が、ウォーキング・ランニングを毎日行っている様子が流れていました。

他の脳を鍛える趣旨の番組でも、運動しながら暗記する・散歩する事が、脳を活性化するといった部分が必ず出てくるほど効果があるとされているものがこのウォーキング(散歩)です。







下半身だけでなく、腕、上半身の筋肉も使う新ウォーキングスタイル!

ポールを使ってウォーキング!全身運動で運動効果を高める
[ウォーキング]ウォーキングポール(軽量、伸縮タイプ)/【送料無料】/ハタチ


商品番号 POLE-CARBON-02
当店通常価格 18,000円 (税込)
価格 18,000円 (税込 18,900 円) 送料込





手首につける歩数計PD-638(タニタ)☆

商品番号 kh1183
税込価格 2,625円 のところ
特別価格 2,493円 (税込) 送料別










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。