リンパマッサージ・タイ古式マッサージなどマッサージ、整体などの情報ブログです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<アミノ酸とは?>

アミノ酸は生命の源です。
太古の時代から地球に存在する最も古い栄養成分です。

私たちの生命の誕生については、地球外起源説、原始大気起源説、原始海洋起源説などいくつかの説があります。

生命の源はアミノ酸だと言われています。
遠い宇宙の果てから落ちてきた隕石の中にもアミノ酸が見つかることがあります。1969年、オーストラリアのマーチソンに落下した隕石には微量のグリシン、アラニン、グルタミン酸、ベータ-アラニンが確認され、地球以外の宇宙にも生命体が存在した痕跡と考えられています。

アミノ酸は私たちの生命そのものを生み出す、重要な物質なのです。

<必須アミノ酸>
たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。 そのうちの9種類はカラダで合成されず、食事からとる必要があるので「必須アミノ酸」と呼ばれています。

<スポーツにアミノ酸>

スポーツにアミノ酸は以前から常識でしたが、今、アスリートに限らずスポーツをするすべての人にアミノ酸のすぐれた働きが注目されています。
その働きは大きく分けると

☆筋力の向上  
☆持久力の向上 
☆疲労回復

<BCAAが筋力アップに貢献する?>

筋肉の組織は、アクチンとミオシンというたんぱく質でできています。このアクチンとミオシンの主成分はロイシン、イソロイシン、バリンというアミノ酸です。

その分子構造から分岐鎖アミノ酸(BCAA=Branched Chain Amino Acid)と呼ばれます。BCAAは、筋たんぱく質に含まれる必須アミノ酸の約35%を占めています。

そこでBCAAを補給すると、筋肉組織の原料が豊富になり、筋力アップにつながります。

<BCAAで心身ともに健康に>

BCAAには、筋肉疲労のもとになる乳酸の発生を抑える働きもあります。私たちの体は運動を続けることにより血中の乳酸が増えて、筋肉中のpHが下がり、筋収縮しづらくなります。

これが筋肉疲労のメカニズムです。

ところがBCAAを補給すると、激しい運動の最中でも血液中の乳酸濃度は上昇しにくくなるのです。

<アミノ酸とペプチドの違いは? >

たんぱく質はアミノ酸がたくさん集まってできています。ペプチドもアミノ酸が集まったものですが、その数がちがいます。

たんぱく質はアミノ酸が数十万から数百万集まってできていますが、ペプチドはアミノ酸が数個集まった状態のことをいいます。

<アミノ酸が不足するとどうなるの? >

アミノ酸が不足すると、成長障害や重篤な場合には生命に影響を与えることなどもあります。
しかし、通常の食事をしている限り、アミノ酸が不足することはありません。


<アミノ酸を摂りすぎると太ったりしませんか? >


アミノ酸は4kcal/gで、ブドウ糖などと同じカロリーがあります。
ただし、アミノ酸サプリメントとして摂取するアミノ酸の量は少量ですのでアミノ酸を摂りすぎて太ることはありません。



アミノバイタル2200 30包入り

商品番号 4901001313204
メーカー希望価格 3,622円 の品を
楽天特別価格 2,900円 (税込3,045円) 送料別



[味の素]アミノバイタルプロ(50本入り)

インターネット価格 7,750円 (税込 8,137 円) 送料別


スティック1本に、アミノ酸12種3600mg、ビタミン10種、ミネラル2種を配合。
特に、分岐鎖アミノ酸(ロイシン・イソロイシン・バリン)とグルタミン、
アルギニンを多く含んでいます。・アミノ酸:分岐鎖アミノ酸
(ロイシン・イソロイシン・バリン)、グルタミン、アルギニン、スレオニン、
リジン、プロリン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン
・ビタミン:A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシン、パントテン酸Ca
・ミネラル:卵殻Ca、クエン酸















スポンサーサイト


炭水化物=ご飯

と想像しますか?

ご飯を抜くだけで炭水化物抜きだと考える方が大半と思います。
しかし、それだけでは炭水化物抜きダイエットとして一番重要なことを見落としてしまっています。


炭水化物抜きダイエットの一番大切な部分は、糖質を出来るだけカットして脂質中心の食生活にすることです。

主食を抜く代替食材として、脂質分解に必要な栄養を多く摂取することになります。あとは、高たんぱく質な食材で増やすと言うことも行います。
要は、主食をカットする分おかずの種類を増やすことが重要なのです。

代表的なダイエット法である、アトキンス式ダイエットではそれらを薬剤やサプリメントを処方することによって補うようです。


<炭水化物抜きダイエットとは? >  

一番有名なダイエット法はアトキンス式ダイエットです。

アメリカの循環器系開業医である、ロバート.C.アトキンス博士の考案した糖尿病食をアレンジしたダイエット法です。
アトキンス博士の著書『Dr. Atkins' New Diet Revolution』の中に、詳しい内容が記されています。
このダイエットは炭水化物であるご飯、精製された小麦粉、砂糖の摂取を放棄する方法です。
やせるメカニズムとしては、現在日本で流行している低インシュリンダイエットと同様にGI値に配慮した方法でダイエットを行うものです。

アトキンス式ダイエットでは、炭水化物抜きという表現ではなく、低炭水化物(ローカーボ)と呼ばれています。

<リバウンドとは?>


ダイエットによって減少した体重が短期間で元に戻るか、ダイエット前よりも体重が増加することを言います。しかし、ここに落とし穴があります。

ダイエットをしていなくても体重は増減するのですが、ダイエット中は体重及び体脂肪率に対して非常に敏感になってしまいます。

リバウンドではない体重増加についてもリバウンドという認識になってしまい、体重増加になると『リバウンドした』と焦って摂取カロリーをさらに減らしてしまったり、ダイエットを止めてしまう人がでてきます。

リバウンドの仕組みとは?
が挙げられます。ホメオスターシスが機能すると、摂取カロリーの変化に適応してより少ないカロリーで生活できるように、骨量や筋肉量を変化させたり、体重の急激な変化をおさえたり(停滞期)、骨からカルシウムを摂取しはじめたりします(骨粗しょう症)。

リバウンドというのは、こういった適応能力が発揮された状態で元の生活に戻した時に起こります。リバウンドはダイエットを行った場合に誰もが多かれ少なかれ経験する人間の生命維持活動なのです。

人間にはホメオスターシス(生体恒常性機能)という機能があります。人間の生命維持のために、環境変化に適応する能力のことです。ここで言う環境変化にあたるものが、ダイエット中であれば

摂取カロリーの減少や、体重の急激な変化、摂取栄養素の変化等が挙げられます。ホメオスターシスが機能すると、摂取カロリーの変化に適応してより少ないカロリーで生活できるように、骨量や筋肉量を変化させたり、体重の急激な変化をおさえる停滞期、骨からカルシウムを摂取しはじめ骨粗しょう症になります。

リバウンドというのは、こういった適応能力が発揮された状態で元の生活に戻した時に起こります。リバウンドはダイエットを行った場合に誰もが経験する人間の生命維持活動なのです。

<リバウンド防止のポイントとは?>
基礎代謝の向上

基礎代謝とは、生命維持の為に消費されているエネルギーで、寝ていても消費されるエネルギーのことです。

ホメオスターシスによってエネルギー消費を抑制されるポイントは、筋肉量の減少であるため、この筋肉量を増加させればある程度リバウンドの歯止めにすることができるのです。

筋肉は、摂取カロリーを制限し、体内の燃費を悪くすればリバウンドを抑える働きとなるわけです。
ここで、栄養学的に筋肉量を増加、維持するためにはたんぱく質が不可欠です。
おすすめのたんぱく質としては、大豆等の豆類や、鳥のささみや胸肉、タラなどの白身魚


<骨量減少の防止>

ホメオスターシスは何も、リバウンドの要素ばかりでなく、運動という環境変化にも順応しようとし、より強い骨を作ろうとする働きもあるのです。
栄養学的には、カルシウムの摂取と、カルシウムの吸収を補助するマグネシウムの摂取が必要です。

<摂取カロリーの正しいとり方>

摂取カロリーの正しい抑制と言うのは、カットする栄養素のバランスが悪いと本来カットした食材で摂取してきたエネルギー以外の栄養素を一緒にカットしかねないと言うことです。たんぱく質やミネラル 糖質や脂質を嫌うあまり一緒にカットしてしまい、ホメオスターシスを促進してしまう可能性があります。バランスの良い食事を心がけましょう。




CCCブロッカー は、植物成分でつくられたダイエット食品です。
炭水化物(でんぷん)が気になる方におすすめの自然素材、
白いんげん豆エキスと生コーヒー豆エキス
糖分が気になるという方におすすめのギムネマを配合。
ごはん、パン、パスタ、そしてデザートが好きな方をサポートします。




<ナットウキナーゼとは?>

倉敷芸術科学大学教授須見洋行が、納豆にナットウキナーゼが含まれることを発見しました。

 ナットウキナーゼは、納豆のネバネバに含まれている納豆菌が作り出す酵素のひとつです。

最大の特徴は、すぐれた血栓溶解酵素を持っていることです。脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症の予防・改善がおおいに期待されています。

ナットウキナーゼは直接、血栓を溶かすだけでなく、プロウロキナーゼと呼ばれる血栓溶解酵素物質を活性化してくれます。

今現在、血栓を溶かす食品は納豆以外には発見されていません。


<納豆とビタミンE>

血流を促進するとともに、活性酸素の消去で皮膚の老化を防ぎますビタミンEには水分と油分を溶け合わせる乳化作用があります。
皮膚細胞の水分と油分のバランスをとって皮膚の状態をよくします。

また、ビタミンEには皮膚を老化させる活性酸素を消去する作用があります。


ホルモン分泌を促進して更年期障害の症状を軽減しますビタミンEの化学名はトコフェロールといって、生命の源を意味します。ビタミンEは男性ホルモン、女性ホルモンの分泌を促進する作用があります。

たとえば女性ホルモンの分泌が低下しているときには特に分泌を盛んにしてくれます。
また、ビタミンEは過酸化脂質を分解して血行をよくする作用があり、更年期障害の症状として見られる頭痛、肩こり、冷えなどの改善にも役立っています。

<納豆とビタミンK>

ビタミンKは 骨元気にし、老化防止・カルシウムを定着させ、骨からの溶出を抑えます。

骨はカルシウムとたんぱく質が結合して作られています。
ビタミンKは、その結合を高め、骨の形成を高めるとともに、骨からカルシウムが出て行くのを抑える作用があります。

ビタミンKにはレバー、海藻、野菜などに含まれるビタミンK1と、
納豆、味噌、チーズなどの発酵食品に含まれるビタミンK2とがあります。

骨粗鬆症の人と、そうでない人を比較すると、血液中のビタミンK1濃度には大きな差はありませんが、ビタミンK2は骨粗鬆症の人は濃度が低くなっていることから、骨を丈夫にするにはビタミンK2のほうが重要だといえます。

体に必要なビタミンK2の半分ほどは腸内細菌によって作り出されていますが、骨を強くするためにはビタミンK2が群を抜いて多い納豆を食べることがすすめられています。


<納豆菌>

美容美肌・整腸・ダイエット・風邪予防善玉菌として働きます。腸内環境を整え大豆を発酵させて納豆を作る納豆菌は熱に壊れにくく、腸内でも発酵を進めて、腸内環境を酸性化させます。


<酸性化すると?>

腸内にすみつく善玉菌は増殖しやすくなり、悪玉菌の増殖は抑えられます。

納豆菌は食物繊維があると腸内での働きが盛んになるので、食物繊維も豊富に含む納豆を食べることで、整腸作用が高められます。

善玉菌は食物繊維によって増えやすくなるので、納豆は腸内環境を整えるのに適した食品です。
食品から摂った善玉菌は腸内では1日ほどしか定着しないので、毎日摂ることが大切です。




整腸作用があり細菌・ウイルスの働きを抑えます。

風邪をひくと胃腸障害が起こりやすくなります。また、胃腸が弱いと体力が低下して風邪をひきやすくなります。

納豆菌には強酸性の胃酸に負けずに腸に達して、善玉菌の働きをすることから、腸の状態を整えていきます。

納豆1g(2~3粒)の中には100億個もの納豆菌がすんでいます。

納豆菌は120度を越えないと死滅しないほど強いです。
細菌やウイルスの働きを抑える作用があります。納豆は消化がよく、消化酵素も多いため、栄養補給によって体力を高めることでも風邪の予防に役立ちます。



アルファルファの野菜だけで作られています。
アルファルファと言う植物は40種類以上のビタミン、ミネラル、天然プロテイン
(必須アミノ酸を含む良質のたんぱく質)をバランスよく含んだ理想的な
緑黄色野菜の補助食品です。





納豆キナーゼ(袋)


価格 3,129円 (税込) 送料別
送料 315円







<BMI値とは?>


 ボディ・マス・インデックスの略で体格指数を表します。
 20~25が理想体型といわれています。 それ以下でもそれ以上でも要注意です。

 一番理想的なのは、この数値が22前後と言われています。
 <計測方法>  BMI=体重(kg)÷[身長(m)]2   
   20以下 痩せすぎ
   21~25 理想的
   26~30 肥満1
   31~35 肥満2
   36~40 肥満3
   41~   肥満4



<低インシュリンダイエットとは?>


血糖値を急激に上げないように!!!
 
人間の体は、食事をするとその消化の段階で糖が作られ
 それが血液中に入って血糖になります。
 これが高くなりすぎると、糖尿病になります。

 この血糖が作られる時にインシュリンというものがすい臓から分泌されます。
 <インシュリンとは>

 血糖をエネルギーとして、血糖値を下げる働きをします。
 しかし、この血糖値が急に上昇すると、体に蓄積される許容範囲を越えてしまいます。
 
 余った糖は、中性脂肪に変えられ、脂肪細胞へと変わってしまうわけです。
 
 血糖値が急に上昇すると、インシュリンがたくさん分泌され
 この働きによって体脂肪が増え、太るという事です。
 

 このインシュリンは、蓄えた脂肪を消費することを抑制する働きがあります。
 
インシュリンが過剰に分泌され血液中に残ったままでは
 脂肪がたまりやすく太ることになります。
 脂肪を燃焼させて太りにくくするためには、インシュリンの分泌量を少ない状態にすることが重要なのです。
 

 そのためには、血糖値が急激に上がらない食事をすることです。

 そのための食事を工夫することが低インシュリンダイエットということです。

朝食の大切さ 

特に朝食はしっかり食べてください!
 朝食をぬく人が今の日本人には非常に多いという報告があります。
 
この場合、前夜に摂取したカロリーで当日の昼食までのエネルギーを補わなければいけません
 体というのは正直なもので、夜から次の日の昼までエネルギーが入ってこないとこれを一気に溜め込もうとする働きをします。
 
それによって、夜に食べた食事がきっちり消費しきれず脂肪となる訳です。
 要するに、基礎代謝の悪い体が出来てしまうわけです。
 朝は食べる習慣を付けられることをおすすめします 。




≪送料無料≫
低インシュリンダイエットを強力にサポート!!
ダイエットコーヒースリム






 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。